PageNo.

エメックス国際会議で大道優平主任技師がポスター賞を受賞

平成30年12月11日

環境生活センターの大道優平主任技師が、11月4~8日にタイ王国パタヤで開催された第12回世界閉鎖性海域環境保全会議(EMECS12)において、ポスター賞を受賞しました。

大道優平主任技師は環境保全課に所属し、現在は藻場干潟回復のための調査検討業務に取り組んでいます。データの解析だけではなく国際会議での発表のために英語やポスターの視覚的な見せ方などを勉強し、その発表に臨んだ成果が評価されました。主催者を代表して科学・政策委員のオリ・ヴァリス氏(アールト大学教授(フィンランド))から賞状をわたされ、「Nice presentation, Congratulations!」とのおことばをいただきました。

【受賞会議および受賞内容】

会議名称 第12回世界閉鎖性海域環境保全会議(EMECS12)
開催日程2018年11月4日(日)~8日(木)
開催場所タイ王国・パタヤ
主  催公益財団法人国際エメックスセンター
共  催タイ・チュラロンコン大学、タイ王立学会、モンクット王工科大学ラートクラバン校、ラジャマンガラ工科大学、ラチャパット大学
発表形式ポスター発表
発表演題Effects of the typhoon No.18 hit in 2004 on macrobenthic community
in tidal flats of Hiroshima Bay in the Seto Inland Sea, Japan
(2004年の台風18号による干潟生物への影響について)

 

  

 

【リンク先】

公益財団法人国際エメックスセンター(閉鎖性海域の環境保全と適正な利用をめざして)

広島県環境保健協会のアマモ場再生事業