PageNo.15300

調査・分析

飲料水検査
一般のご家庭などで自家用の井戸水を飲用されている場合は、定期的に(1回/年程度)安全確認のための水質検査を行うことをお勧めいたします。当協会では水道法,食品衛生法,建築物における衛生的環境の確保に関する法律(建築物衛生法)による検査機関に登録しており、それぞれの法令の定めに基づく水質検査を実施しています。
水質調査
河川・海域・湖沼等、公共用水域の水質に悪影響を及ぼす可能性のある水質汚濁物質などの調査です。
底質調査
河川・海域・湖沼等、公共用水域の水質に悪影響を及ぼす可能性のある水質汚濁物質などの蓄積状況を把握するため、底泥等を採取して行う調査です。
コイヘルペス調査
コイの中でもマゴイとニシキゴイのみがコイヘルペスウイルスの感染によって発病します。当協会ではコイヘルペスウイルスの感染の有無を遺伝子検査法により検査しています。コイヘルペスはコイ特有の病気で、人に感染しないといわれています。
レジオネラ検査
レジオネラ症は、温泉や24時間風呂などの循環式浴槽水、プール水、冷却塔水などが感染源とされているレジオネラ属菌による感染症です。 定期的な検査により安全性を確認することが望ましいとされています。
簡易専用水道検査
ビルやマンションなど、水道水を一旦貯水槽(有効容量10㎥超)に貯め、配水している施設を簡易専用水道といい、適正な管理を行うことが必要です。当協会は、厚生労働省の登録検査機関として、施設の管理が適正に行われているかを検査しています。
温泉成分分析
温泉法に基づく登録分析機関として温泉成分分析を行っています。温泉を公共の浴用又は飲用に供する者は、温泉の成分などの表示が義務づけられています。


サービス一覧