環境

PageNo.17551

アスファルト試験について

当協会は、アスファルト混合物事前審査制度の試験機関に指定されています。
また、現場における品質管理等の試験においても、第三者機関として公正な結果を提供しています。

アスファルト混合物事前審査制度

アスファルト混合物事前審査制度とは、公共工事におけるアスファルト混合物の品質を確保し、発注者、請負者、製造者の合理化と省力化を図ることを目的とした制度で、アスファルト混合物の品質を事前に第三者機関が審査し、認定する制度です。

この制度は、平成6(1994)年4月に関東地方整備局からスタートし、順次各都道府県に普及しております。

ページの先頭へ移動

事前審査制度の目的

(1)品質承認手続きの合理化・省力化を図ります。

(2)混合所の自主管理により品質確保・向上を行います。

(3)第三者(審査機関)による公平・公正な審査が実施されます。

ページの先頭へ移動

アスファルト試験の内容

(1)アスファルト混合物および切り取り供試体の密度試験

(2)アスファルト混合物の抽出試験

(3)アスファルト混合物の安定度試験

(4)アスファルト混合物のホイールトラッキング試験

(5)アスファルト混合物の透水試験

アスファルト抽出試験

 

ホイールトラッキング試験

ページの先頭へ移動

制度の概念図

制度の概念図は、以下の図のとおりです

アスファルト事前審査制度の概念図

ページの先頭へ移動

試験について お問い合わせ先

一般財団法人 広島県環境保健協会 吉島分室 材料試験室

 〒730-0825 広島市中区光南3丁目13番

 技術的な事項については TEL:082-249-9535 FAX:082-249-6473

 Eメールでのお問い合わせは、zairyo@kanhokyo.or.jp



サービス一覧