PageNo.

骨材試験について

骨材試験とは、道路やコンクリート構造物等を造る際に建設資材として、欠かすことのできない砕石・砂の品質を調べる試験です。骨材は、一般的にコンクリート用骨材と道路用骨材に区分され、建設資材として、それぞれに規格が定められています。

コンクリート用骨材は、コンクリートの体積の7割を占めるため、コンクリート強度や耐久性に大きく影響する材料です。骨材試験は、この骨材の品質を管理するために重要な試験です。

道路用骨材は、アスファルト用骨材と路盤用骨材があり、施工方法により使用する骨材が異なるので、用途に合わせた試験を行います。

ここでは、主な試験の概要と使用する試験機などを紹介します。

骨材ふるい分け試験

JISの規格に合った標準網ふるいを用いてふるい分け、粒度分布を求めて、各種骨材として適当か、どうかを判定するために行われます。

すりへり試験

ロサンゼルス試験機と呼ばれる鋼製のドラムに鋼球と骨材を一緒に入れて回転させ、骨材が鋼球と衝突して摩耗した量(すりへり損失量)を測定するもので、骨材の耐摩耗性を評価します。

安定性試験

骨材の気象条件に対する耐久性(耐凍害性)を評価する試験です。骨材に含まれる水が凍結する際に作用する膨張圧を硫酸ナトリウムの結晶圧で与えることにより、欠損や破損を生じる骨材の程度をはかり、凍結融解に対する抵抗性を測定するものです。

アルカリシリカ反応性試験

アルカリシリカ反応とは、コンクリート用骨材中に含まれる反応性シリカ(二酸化けい素、SiO2)とコンクリート中に含まれるアルカリ(Na+、K+など)が反応することによって生じた生成物が、雨水などを吸水して膨張し、コンクリートに“ひび割れ”などの劣化を生じさせる現象です。

この現象を生じさせる性質を持った骨材か、どうかを判定するための試験が、「アルカリシリカ反応性試験」で、化学法とモルタルバー法の2種類があります。

ロータップふるい振とう機ロサンゼルスすりへり試験機
  
自動安定性試験機分光光度計(アルカリシリカ反応性試験)
試験についてのお問い合わせ
一般財団法人 広島県環境保健協会 吉島分室      受付時間 : 平日(月~金) 午前8:30~午後5:30
〒730-0825 広島市中区光南3丁目13番
材料試験室 TEL:082-249-9535 / FAX:082-249-6473
建設材料試験のお問い合わせは    zairyo@kanhokyo.or.jp


サービス一覧