PageNo.17000

調査・分析

悪臭調査
工場や事業場等から発生する不快なにおいの原因となる物質を調査します。当協会では、様々な物質が混ざった複合臭のにおいの強さを測定する「嗅覚試験」と、においの原因物質の種類を特定しその濃度を測定する「機器分析」を実施しています。
シックハウス症候群調査
ビル・住宅など建物内での化学物質に由来する健康障害を総称して、シックハウス症候群と呼びます。建物に対して、健康被害をもたらす化学物質を含有した建材、ペンキ、家具、カーペットなどを多く用いることにより、室内空気が化学物質に汚染され、そこで生活する人の健康に悪影響を与えます。当協会では、室内空気中の化学物質濃度を測定し、室内空気の汚染度を確認します。
土壌と底質のダイオキシン類の簡易測定
土壌、底質の汚染範囲を特定するための一部の調査において、ダイオキシン類の簡易測定法(生物検定法、機器分析法)が認められています。当協会では、機器分析法(高分解能GC/MS法)による簡易測定法を実施しています。
騒音・振動調査
騒音・振動は、工場・事業場、建設工事、自動車など私たちの身の回りから数多く発生しています。当協会では、発生源や目的に合わせて適用される法令等に基づいた測定を実施しています。
大気・気象
工場や事業所等から大気中に放出されて人の健康に被害をもたらす大気汚染物質を調査します。当協会では、自動測定機を積載した大気測定車による環境大気調査や工場の煙突から発生する煙の調査を実施しています。
建材・機器
土木・建設工事で使用されるコンクリート、鋼材、骨材などの物理性状試験を行います。これらのデータは建設材料の品質特性の把握や工事の品質管理に寄与されるため、土木・建設工事の品質の安全確保に欠かすことのできない試験です。
土壌
人の生活や産業活動により放出されている有機溶剤・重金属・農薬など、人の健康に影響を与える可能性のある有害物質が、土壌中にどの程度含まれているかを把握するために行う調査です。
その他
コンサルタント分野では、各種開発事業に係る環境アセスメント、廃棄物処理施設に係る生活環境影響評価、一般廃棄物処理基本計画、処分場の基本構想、ダム湖の水質改善計画、環境保全事業の立案、調査等、環境分野に関して総合的にコンサルタントを行います。生物については、希少な動植物や藻場干潟を保全するための調査を行い、保全対策を立案します。そのほかに農林水産業で育成されている生物への影響を調査し評価します。また、不快害虫の調査と発生抑制対策を立案します。