SSL GlobalSign Site Seal 賞味期限の設定 | 広島県環境保健協会(かんほきょう)

PageNo.

「消費期限・賞味期限設定のための保存検査」のご提案

2005年2月に厚生労働省、農林水産省より「食品期限表示の設定のためのガイドライン」が通知されました。このガイドラインでは、食品の賞味期限、消費期限を設定する際に、「客観的な項目(指標)に基づき、期限を設定する必要がある」としています。

保存検査(微生物・理化学など)は、食品の製造から品質劣化を客観的に評価する検査です。保存検査をすることで、今までの経験やカンではなく根拠を持った消費期限、賞味期限を設定することができます。このことは、消費者の安心につながります。

保存検査の内容に関しては、当協会の専門家が試験計画の設計(期限の仮設定、保存期間・保存条件の決定、検査の間隔・検査項目の決定)をアドバイスいたしますので、お気軽にご相談ください。

 

ご相談の際に、以下の事項をお知らせください。お分かりになる範囲で構いません。

①製品の特長
②ご希望の期限設定
③保存条件
④包装形態
⑤主な原材料
⑥製造工程概略(特に加熱工程の有無)

 

問い合わせ

一般財団法人 広島県環境保健協会
〒730-8631 広島市中区広瀬北町9番1号
食品衛生課 TEL:082-293-1517(直通) / FAX:082-293-5049
E-mail:fs-comas@kanhokyo.or.jp
受付時間:平日(月~金) 午前8:30~午後5:30



サービス一覧


SSL GlobalSign Site Seal