豪雨災害避難所でのボールエクササイズ実施

平成30年9月19日

目  的

エコノミークラス症候群の予防および寝たきりによる運動機能低下防止

災害復旧作業の筋肉疲労回復

 

対 象 者

避難所および雇用促進住宅集会所に自主避難している被災者

 

実 施 者

環保協職員4人(ボールストレッチ指導の有資格者)

 

実施内容

ストレッチボール「Lov-a-BallおよびLov-a-Ball mini」を使用したエクササイズを実施(主に個別指導)

実施日/場所

  実施日 実施場所
1 平成30年8月3日(金) 雇用促進住宅集会所(自主避難)
2 平成30年8月8日(水) ふれあいセンター(町指定)
3 平成30年8月9日(木) 小屋浦小学校体育館(町指定)
4 平成30年8月20日(月) 町民センター(町指定)
5 平成30年8月22日(水) サンスターホール(町指定)
6 平成30年8月31日(金) 1~5の避難所(※実施フォロー)

ストレッチボールの寄贈

エクササイズに使用したストレッチボールは、開発者であるJ-サーキット㈱と共同で寄贈しました。

Lov-a-Ball 50セット(100個)    寄贈者:J-サーキット㈱

Lov-a-Ball mini 50セット(100個) 寄贈者:(一財)広島県環境保健協会

 

<活動の様子>

2018年9月7日

情報紙「環境と健康」の第601号がダウンロード可能になりました。ぜひご覧ください。

災害復興ボランティア活動への参加

平成30年9月5日

平成30年7月豪雨の災害復興ボランティアに平日を中心に1日2~4名が交代で被災地のボランティア活動に参加しました。

8月末までに呉市、東広島市、坂町へ延べ72名が参加しました。

<活動の様子>

「光熱費節約大作戦!」第3回抽選結果のお知らせ

平成30年8月23日

TEAM MATE ひろしまで取り組んでいる「光熱費節約大作戦!」事業で、3月から7月の5ヵ月間に195件の応募がありました。

応募いただいた記録用紙を抽選カードにして、8月8日に第3回抽選会を実施しました。

抽選の結果、次の皆さんが当選しました。(当選10本)

竹原市  山田さん
福山市  渡辺さん、羽原さん、村上さん、葉間田さん、佐藤さん
海田町  荘川さん、城山さん
熊野町  山野さん
大崎上島町  新谷さん

 

当選した皆さんには、景品として、待機電力の削減に役立つランプスイッチ付省エネタップ(4個口1.5m)を進呈しました。

これからも「光熱費節約大作戦!」を続け、概ね3カ月ごとに抽選会を開催しますので、引き続き、ご応募ください。この事業は、平成31年度まで実施する予定です。

「光熱費節約大作戦!」の詳細はこちらのページから⇒「光熱費節約大作戦!」ページ

日本赤十字社「銀色有功章」を受賞しました

平成30年7月27日

この度、献血活動に15年間取り組んだことが認められ、日本赤十字社から「銀色有功章」をいただくことができました。

7月27日(金)、日本赤十字社中四国ブロック血液センターにおいて「平成30年度広島県献血推進功労者等表彰伝達式」が行われ、記念章が授与されました。

当協会では、これからも引き続き献血活動に取り組んでまいります。

<表彰伝達式の様子>
 

YouTubeに4本の動画を公開しました

平成30年7月27日

この度、健康科学センターおよび環境生活センターでは、取り組んでいる事業を知っていただくため、YouTube動画を作成いたしました。

環保協チャンネル」(YouTubeサイトへリンク)から閲覧できますので、ぜひ、ご覧ください。

かんほきょうのレディースデイ 水の安全を守る検査サービス
   
省略することができない検査項目:採水方法の紹介 毎日点検:水道水の残留塩素確認方法

400mL献血にご協力をお願いします

平成30年7月24日

以下の日程で、当協会に献血バスがやってきます。

皆様のご協力をお願いいたします!

 

日時

平成30年8月8日(水) 14:00~16:00

場所

一般財団法人広島県環境保健協会 1階 相談室

対象

男性17歳以上/女性18歳以上で、体重50kg以上の方

その他

*血圧・コレステロール・尿酸値の薬など、種類によっては、当日服用されていてもご協力いただけます。

*「献血カード」が無くても、ご参加いただけます。

 

2018年7月17日

情報紙「環境と健康」の第600号がダウンロード可能になりました。ぜひご覧ください。

西日本豪雨災害により被災された方々へお見舞申し上げます

このたびの西日本豪雨災害では、いまだに多数の行方不明者がおられ、現在も捜索中であります。お亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々には、謹んでお見舞い申し上げます。

被災された皆様の一刻も早い復旧を願い、当協会として次のような対策を実施いたしました。

1.被災者への支援

当協会より(社福)中国新聞社会事業団を通じて、100万円の義援金を送ることにより被災者を支援

2.井戸水等の検査協力

大規模災害時等飲料水確保支援事業実施要領に基づき、広島県食品生活衛生課と協力して共助利用の遊休井戸水の水質検査を実施

3.被災者の調査・支援

職員・家族・顧客などの被災状況をとりまとめて、支援が必要な職員へ物資の搬送等の実施

4.災害復興ボランティア活動への参加

平成30年7月豪雨の災害復興ボランティアに平日を中心に1日2~4名が交代で被災地のボランティア活動に参加しました。

8月末までに呉市、東広島市、坂町へ延べ72名が参加しました。

<活動の様子>

環境生活センターの新たなパンフレットを作成中

このたび環境生活センターでは新たな業務紹介パンフレットを作成しています。

インターネットが普及し、当協会のWebサイトでも協会概要や業務内容を紹介してはいますが、携帯性にすぐれ、当センターの強みを端的に紹介できる紙のパンフレットは、営業用や展示会・イベント時に必須です。

今回はプロのカメラマンに来ていただき撮影を行いました。普段の検査作業も撮影するとなると緊張する職員ですが、真剣な職員のいい表情が撮れたと思います。出来上がりにご期待下さい。