SSL GlobalSign Site Seal 漢方外来 | 広島県環境保健協会(かんほきょう)

PageNo.

漢方外来

漢方1

 

健康クリニックでは、日本東洋医学会漢方専門医である武生診療所長が漢方外来を実施します。武生診療所長は、広島大学病院漢方診療センターでも漢方外来を担当しています。

 

漢方治療がおすすめの症状

1.婦人科特有の不定愁訴(冷え性、更年期障害など)

2.内視鏡検査で異常のみつからない胃腸症状(食欲不振、腹痛、便秘、下痢など)

3.ストレス性の不定愁訴(頭痛、めまい、不眠、不安、いらいら感など)

4.免疫力低下が疑われる症状(風邪を引きやすい、疲れやすいなど)の体質改善

5.繰り返す身体の炎症(鼻炎、副鼻腔炎、気管支炎、皮膚炎、膀胱炎、関節炎など)

受診される方へ

1.初診時には漢方医学特有の脈、舌、腹部の診察などを行います。漢方医学では、必ず腹部(おなか)を診察しますので、おなかを出しやすい服装で受診ください。

2.漢方専門医が受診者の症状や体質に相応しい漢方薬を選んで治療します。

3.漢方薬は健康保険が適用されます。

西洋薬と漢方薬の違い~(ワイエムビジネスレポート2019.7月号執筆分から抜粋引用)

漢方1

西洋薬は、人工的に合成された単一の成分から出来ています。そのため薬の切れ味は鋭いですが、効果は限られています。たとえば、胃薬として作られた薬は痛み止めにはなりませんし、痛み止めとして作られた薬は胃薬にはなりません。

しかし、漢方薬は複数の生薬(しょうやく)の組み合わせから成り立っています。生薬とは、自然界にある植物や動物、鉱物のうち、薬として効果があると経験的に認められたものです。それぞれの生薬には複数の有効成分が含まれています。そのため一種類の薬でさまざまな効果があります。

例えば、ふだんから胃腸が弱い人が、かぜをひいて、微熱、軽度の頭痛、のどの痛み、咳、痰、吐気などがある場合に西洋薬を処方する場合は、「解熱鎮痛薬」「咳止め薬」「痰のキレをよくする薬」「吐気止めの薬」「胃薬」など、たくさん処方することになります。しかし、漢方薬の場合は、参蘇飲(じんそいん)という一種類の薬で、それらの症状のすべてに対応できます。しかもこの薬は妊婦さんのかぜにも使用できます。

漢方薬は、昔は煎じ薬として飲まれていましたが、近年ではエキス剤として手軽に服用できるようになったものも多くあります。この薬もエキス剤として保険診療で処方ができます。

また、漢方薬には自然治癒力を高め、むくみや冷え症などの体質を改善するものもあります。これは西洋薬にはない特徴で、西洋薬と漢方薬をうまくミックスすることで治療の幅がより広がることも期待できます。

 

【参考】参蘇飲(じんそいん)構成生薬:ハンゲ、ブクリョウ、カッコン、キキョウ、チンピ、タイソウ、ニンジン、カンゾウ、キジツ、ソヨウ、ショウキョウ、ゼンコ



サービス一覧


SSL GlobalSign Site Seal