SSL GlobalSign Site Seal クリニック紹介 | 広島県環境保健協会(かんほきょう)

PageNo.

クリニック紹介

医師紹介

ドックフロア紹介

検査機器紹介

 

医師紹介

常勤医師

役職 氏名 保有資格等
診療所長 武生英一郎 日本人間ドック学会 人間ドック指導医
日本人間ドック学会 人間ドック認定医
日本内科学会 認定内科医
日本東洋医学会 漢方専門医
日本医師会 産業医
日本医師会 健康スポーツ医
診療副所長 三宅弘明 医学博士
日本内科学会 認定内科医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本医師会 産業医
医療部長 休場成之 医学博士
日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
医長 冨永晃一 日本内科学会 総合内科専門医
日本循環器学会 循環器専門医
日本医師会 産業医
労働衛生コンサルタント

 

ドックフロア紹介

1階フロア

1階フロアマップ

  1階フロアは、2017年4月にリニューアルしました。
  受付を2階から1階に移設し、受付の位置が分かり易くなりました。
  シックで落ち着いた雰囲気の受付フロアはご好評をいただいております。

案内カウンター 受付フロア

 

2階フロア

2階フロアマップ

  2階フロアは、2017年4月と2019年4月にリニューアルしました。
  2017年4月には、採血エリアや検査室を個室化し、受診者のプライバシーが守られるよう、配慮しました。
  2019年4月には更衣室をリニューアルし、快適に更衣いただけるようになりました。

検査フロア 検査フロアからの眺望 個室化した検査室
     
   
プライバシーに配慮した採血エリア    

 

3階フロア

3階フロアマップ

  3階フロアは、2019年4月にリニューアルしました。
  内視鏡検査のご要望の声にお応えして、同時に2名ご受診いただけるよう内視鏡検査エリアを全面改修しました。
  また、婦人科エリアや更衣室も全面改修し、より快適に健診を受診できるようになりました。

内視鏡検査待合 内視鏡検査室① 内視鏡検査室②
     
 
更衣室 婦人科待合  

 

検査機器紹介

マルチスライスCT

マルチスライスCT

CTとは、コンピューター断層撮影法(Computed Tomography)の略で、レントゲン照射で得られた体内の画像をコンピューターで処理し、体を輪切りにした画像にして肺がん等を見つける検査です。この技術を用いると、胸部X線写真では心臓などの影になってしまう部分も画像として写し出すことができ、早期の肺がんを検出することが可能です。

肺がんは、2cm以下の時期に発見すれば5年生存率が90%以上であるという報告もあります。健康クリニックではマルチスライスCTによる肺ドックも行っています。特に喫煙者の方には、受診をお勧めします。

マンモグラフィー

マンモグラフィ

マンモグラフィーは、乳房を2枚の板(圧迫板)に挟んで圧迫し、X線で撮影する検査です。X線撮影では、乳房のシコリや乳がんは白い点として写ります。この技術を利用して、触診ではわからない早期の乳がんを発見します。

乳房を圧迫することにより、受診者は痛みを感じることもありますが、緊張せずリラックスした状態で受けると、痛みも軽減されます。

乳がんは早期発見によって、90%以上が治癒できると言われています。マンモグラフィーは早期発見に大きな効果をもたらすとされています。40歳以上の女性は、2年に1回の受診をお勧めします。

 

胃部内視鏡検査

胃部内視鏡検査

胃部内視鏡検査は、口や鼻からスコープ(カメラ)を挿入して食道や胃の内部を直接映像として確認し、がんやポリープを発見する検査です。

健康クリニックでは、口からの内視鏡検査だけでなく、鼻からの内視鏡検査も導入しています。検査に使用する内視鏡スコープは、先端部径5.9mmの極細スコープで、受診される方の苦痛をやわらげる、しなやかなスコープになっています。検査には日本消化器内視鏡学会専門医、消化器内視鏡技師の資格を取得したスタッフが対応し、「安心」、「安全」に胃部内視鏡検査を受けていただけます。



サービス一覧


SSL GlobalSign Site Seal