環境

PageNo.17401

環境アセスメント(環境影響評価事業)

解説

環境影響評価は、道路、ダム事業など環境に著しい影響を及ぼす恐れのある行為について、事前に環境への影響を十分に調査、予測、評価を行い、その結果に基づき、環境の保全について適正に配慮しようとするものです。

関係法令等

  • 「環境影響評価法」で環境影響評価の対象となる事業は、道路、河川、鉄道、飛行場、発電所、廃棄物最終処分場、埋めて、工業団地・流通業務団地・宅地の造成などの事業です。(参考1,参考2
    このうち規模が大きく環境に大きな影響を及ぼすおそれがある事業を「第1種事業」として定め、環境影響評価の手続きを必ず行うこととしています。
  • 「広島県環境影響評価に関する条例」で環境影響評価の手続きが必要
  • 「広島市環境影響評価条例」で環境影響評価の手続きが必要
    ※なお、地方公共団体の条例で対象となる事業は、各々の自治体により異なるので個別に確認が必要です。
  • 「廃棄物処理法」に基づく廃棄物処理施設の設置に、生活環境影響調査書が必要
  • 「公有水面埋立法」で環境保全を講じる図書が必要

方法

環境影響評価のフローは図1のとおりです。事業特性・地域特性を踏まえ、環境評価の項目及び手法を選定し、これに基づいて、調査・予測・評価を行います。環境影響評価の対象となる環境要素は表1のとおりです。

フロー

図1:環境アセスメントのフロー

表1  環境要素

 
環境の自然的構成要素の良好な状態の保持 【大気環境】
 ・大気質
 ・騒音
 ・振動
 ・悪臭
 ・その他
【水環境】
 ・水質
 ・底質
 ・地下水
 ・その他
【土壌環境・その他の環境】
 ・地形、地質
 ・地盤
 ・土壌
 ・その他
生物の多様性の確保及び自然環境の体系的保全 植物
動物
生態系
人と自然との豊かな触れ合い 景観
人と自然の触れ合いの活動の場
環境への負荷 廃棄物等
温室効果ガス等

納期

○法令に係る環境影響評価の場合、2~3年程度(調査期間1年)

○法令に係らない環境影響評価の場合、1年程度

依頼方法

相談(事業内容、事業場所を教えて下さい) > 計画書・見積書作成 > 業務発注

問い合わせ

一般財団法人 広島県環境保健協会

環境生活センター 環境保全課  TEL(082)293-1580(直通)

〒730-8631 広島市中区広瀬北町9番1号



サービス一覧